デザインで稼ぐ方法

無料登録のココナラで簡単実現!低コストでデザインを依頼

まず、いきなりですが今回は、以下のような人や企業に向けた内容です。

このような人・企業はぜひ続きを読んで見てください。

  • お店をやっているけど、プロに依頼するとお金がかかるので自分でチラシなどを作っている
  • 広告物は、社内のパソコンが触れる社員が作っているけどダサい
  • 近隣の印刷会社・広告代理店などに依頼しているけど、価格は高いと思う
  • そもそも、頼むところも、価格もわからないから広告とは無縁
  • 騙されてたまるか!広告会社は信用していない

はい、当てはまった人は世の中にかなり多いと思います。

 

実際のところ、
チラシやパンフレット、WEB制作などの広告物のデザインっていうのは価格があってないようなもので、
依頼する会社やデザイナーによって、かなりの価格差があります。

 

例えば、チラシを¥10,000で作ってくれる人もいれば、¥100,000という会社もあったりと、俗にいうブラックボックス化しています。

これは、クリエイターの経験値費やスキル費(技術料)が人によって違うので当たり前です。

 

この価格の違い。見積もりを横並びにしたときに、全く価格が違うというのが広告業界を若干胡散臭くさせている原因の一つでしょう。

 

ただ、実際にデザインするクリエイターによって、仕上がってくるクオリティも全然違います。
つまりは、デザイナー(クリエイター)は個人のスキルに依存している商売であり、その技術料を売っているということです。

価格がなんとなく横並びでない理由はわかってもらえたでしょうか。

 

では、最初の質問の課題を解決するには??

 

 

記事の目次

  • 無料登録のココナラで簡単実現!低コストでデザインを依頼
  • 個人経営・企業が登録しておくメリットは多大にある
  • 強いてあげるデメリット
  • まとめ:クオリティが高いデザイン物を低価格で依頼してみましょう!

 

記事の執筆者

デザイナー歴20年、20〜30歳までデザイン・印刷業の3社を経験。31歳で個人事業主デザイナーとして独立、その後、法人成り。少数精鋭の3名でのデザイン会社を経営中。2019年に最高月商550万円を達成(デザイナー3名/制作費のみでも500万円近くあります)。都内でなくてもデザイナー独立は成り立ちます。

 

動画でも大まかにまとめてあります。視聴すると記事の理解が深まるのでオススメです↓

 

 

無料登録のココナラで簡単実現!低コストでデザインを依頼する方法

クリエイター達が販売価格をオープンにしているプラットフォームがあります。
それがココナラというサイトです。

ココナラとは、「みんなの得意を売り買い スキルマーケット」です。

公式の内容だと、

デザイン、イラスト、Webサイト制作、動画・音楽制作、ライティングなど『制作系』に加え、ビジネス・マーケティングなどの『サポート・代行』から、美容・ファッション、キャリア相談などの『相談系』まで、多彩なサービスを売り買いすることが可能です。法人向け機能も充実しており、ビジネスからプライベートまでシーン問わず利用できます。また、サービスの出品・購入に加え、お願いしたい案件の募集・提案もできるなど、幅広いニーズに対応しています。

と個人に関係するスキルであればなんでも揃っているサービスです。ちなみにココナラは無料で登録が可能です。

 

ちょっと事例でわかりやすく説明します。

広告デザイン関連で依頼できて便利だなと思うスキルをあげると、

ロゴ、名刺、チラシ、ポスター、パンフレット、WEBサイト、パッケージ、ライティングなどや、CADやパース、CG作成なんてものまで揃っています。

もちろん、需要が増えてきた映像系のスキルを売る方も多くいます。
動画の編集や、音源制作、ナレーションなども依頼できるので、広告関係はほぼ一式揃っている感じです。

 

もちろんクリエイター以外にも様々なスキルの方がいます。

 

えっこんなことも依頼できるの?って事例だと、

【例えば】
●カフェやアパレル、美容サロンなどの開業方法の相談に乗ります。
こんなのが5000円程度から出ています。
実際頼んだわけではないので、どの程度のものかはわかりませんが・・・。

【その他こんなものも・・・】
●株やFXのトレード手法など
●人間関係の悩み事相談、カウンセリング
●霊感占いやタロット占い、姓名判断など

というようなスキルマーケットです。

 

個人経営・企業が登録しておくメリットは多大にある

ココナラは、価格がブラックボックスではなく、横並びで比較できるので非常にクリーンな印象を受けると思います。
しかも、登録者はマイページを持っていて、自分のプロフィールや作品も掲載しています。

 

なので、依頼する前に比較検討することができるのは、かなりのメリットだと思います。

そして、何より価格が安い!

 

デザイン費というと高いイメージだと思いますが、
ココナラはスキルのプラットホームなので、みんながそこで仕事依頼を取り合っています。

市場の原理で、価格は低価格へとなって行きます。
クリエイターにとっては残念ですが・・・

 

あと、オススメの使い方としては、[公開依頼]という方法があります。

①価格・納期・詳細などの依頼内容を投稿

②そこに案件を受注したいクリエイターから応募が来る

③多数くれば、気に入った提案を選んで購入する

もちろん公開依頼自体は無料です。

つまり、依頼した内容の予算・希望納期などを公開しておくだけです。それを受注したいクリエイターが次々に応募してきます。

あとは、集まった複数のクリエイターからを選定するだけです。メール内容、プロフィール、作品集などを見て信頼できそうな方へすればOKです!

 

こんなメリットがあります!

  • 登録クリエイターの価格が横並びで比較できる
  • 登録クリエイター数は膨大なので、地域で探すよりも豊富、しかも低価格!
  • 登録クリエイターのプロフィールを細かく見ることができる
  • クリエイターの作品集を閲覧することができる
  • 公開案件でクリエイターを募集することができる
  • 法人登録もできて請求書払いにも対応

 

ココナラは、今までのデザイン費の常識を覆したプラットフォームなんです。まずは登録してクリエイターを探して見るのが良いでしょう!

 

 

強いてあげるデメリット

あえてデメリットをあげるとするとこの辺りかなと思います。

 

ココナラには、膨大な数のクリエイターが登録していると書きました。

デザインの職種でいうと、
その中には、デザイン専門学校の学生、駆け出しのデザイナーや、副業感覚の主婦までと幅広い人たちもいます。
もちろんプロのデザイナーも多数います。

最初に書いた通り、デザイナーのスキルは個人に依存しているので、
仮にスキルのないデザイナーに依頼してしまうと、仕上がってくるものがイマイチなんてこともあります。

その辺りの失敗にならないコツとしては、
依頼前にプロフィールや作品をしっかりと確認しましょう!というのがアドバイスできるくらいです。

 

あとは、メールでのやり取りになるので、
今まで直接デザイナーや代理店の営業とデザインの打ち合わせを細かくしていたという人は、
思っているニュアンスが伝わりきらないパターンがあるでしょう。

 

地域でのデザイナーは修正は大抵は無制限で対応してくれますが、
ココナラでは「修正3回目からは有料」というようなデザイナーもいるので、若干の注意が必要です。
過度の修正依頼をすると、価格がどんどん上がってしまいます。

この辺りは、同じデザイナーに何度も依頼をして行き、お互いのニュアンスを徐々にすり合わせていくというのが良いかもしれません。
もしくは、相性の良いデザイナーを探し続けるかですね。

 

こんなデメリットが心配されます

  • 登録クリエイターにプロでない人も多数いる
  • メールでの打ち合わせなので、ニュアンスが伝わりにくい
  • 修正費がかかる場合があるので、原稿出しを的確にする必要がある

 

まとめ:クオリティが高いデザイン物を低価格で依頼してみましょう!

如何でしたかココナラのサービス。
御社のチカラになると思いませんでしたか?

たった1万円程度で高クオリティのチラシが依頼できます。

 

法人登録もできるし、大手の企業も数多く利用しています。

 

デザインの専門でもない社員さんにやらせるのは本末転倒です。
社員さんには給与が常にかかっています。
社員さんは得意なことをやってもらいましょう!
専門外のことをやると時間もかかるし、モチベーションも下がるでしょう。

 

ココナラ登録のクリエイターに任せてみれば大丈夫です。

これからの時代のスタンダードになっていくサービスでしょう。
登録は無料です。思い立った今がチャンスです。

 

無料登録してクリエイターの作品をチェック!
実際に依頼してみましょう

 

きっと、お役立ちになるはずです!

 

スポンサーリンク

-デザインで稼ぐ方法
-, , , , , , , , , ,

Copyright© とらまるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.