デザインで稼ぐ方法

ココナラ新規参入で、案件獲得をする方法をデザイン会社が考えてみた!

デザイナーの皆さん、ココナラに登録していますか?

今回は、デザイン会社としてココナラ登録をして、
結構本気で仕事を獲りに行こうかな考えて、ココナラをリサーチした結果とこれから、
弊社がどのような戦略で案件を獲得していくかという戦略を公開します。

 

ココナラって何?という人はコチラの記事をまず読んでみてください ↓

未来で困らないために、デザインスキルを活かしてココナラを始めよう!

 

弊社は、まだプロフィールページを作った段階です。(2020.10)

 

さっさとサービス出品しろよ!
と思うかもしれませんが、甘く見てはいけないなと思ったわけです。

クリエイターの登録数や、出品価格、ココナラの仕組みなどを詳細に見る限り、
ちょっとリサーチしてやらないと、副業にすらならないんじゃないか?
と思いました。

 

どうせ始めるなら、戦略を立てて、ココナラから仕事を受注するぞ!という意気込みでやります。
常に本気です!

 

そんな内容をまとめました。

 

ちなみに、
こんなプロフィールページを作っています >

 

 

記事の目次

  • ココナラをリサーチして見えた課題とは?
  • 公開案件×プロフィールページ作り込みで最初の案件を獲得する
  • 挑戦する第一歩は大変ですが、ココナラ攻略を目指しましょう!

 

記事の執筆者

デザイナー歴20年、20〜30歳までデザイン・印刷業の3社を経験。31歳で個人事業主デザイナーとして独立、その後、法人成り。少数精鋭の3名でのデザイン会社を経営中。2019年に最高月商550万円を達成(デザイナー3名/制作費のみでも500万円近くあります)。クラウドソーシングという新しい働き方にも挑戦中!

 

動画でも大まかにまとめてあります。視聴すると記事の理解が深まるのでオススメです↓

 

 

ココナラのリサーチして見えた課題とは?

僕がリサーチした結果の課題は大きく2つあります。

 

課題① とにかくクリエイターの登録者が多いから、出品しても目に止まらないから、そもそも受注できない

課題② 出品者の価格が全体的に安い!しかも上手な人も安い!割に合わない仕事になる恐れがある

 

今回は、この課題の内の①を解決して受注を獲得するというのがココナラ攻略のミッションです!

では、早速内容公開していきます。

 

本当にコレに尽きると言っても良いほどの課題です。出品者の数がとにかく多い!
出品サービス30万件となっているので、その多さがわかると思います。

 

例えば【ロゴ作成・デザイン】で出品したとしましょう。
2020.10現在で、2,762件が出てきます。

 

2,762件ですよ!
とんでもなく多い出品数です。
デザイナー多すぎです・・・。

 

この2,762件の中から、出品者を探す検索方法は以下の4つがあります。

  • おすすめ順
  • 新着
  • ランキング
  • お気に入り数順

 

お客さんの立場になって考えてみましょう。

 

顔も見えない相手への依頼です。
デザイナーの実績重視で、「ランキング」か「お気に入り数順」で調べるでしょう。

すると、検索で出てくる出品者の実績の数がすごいです。
実績で100件超えは当たり前、中には1,000件、2,000件なんて数をこなしているデザイナーもいます。

 

2,762件の中で1件も実績がない新参者に依頼などくるわけがないでしょう。
僕が依頼側だったとしたら、絶対依頼しません。

 

そう、すでにココナラプラットフォーム内での、力の格差が出来てしまっているのです。

参加しても、依頼が来ない・・・。普通にスタートさせてもこのパターンになることが目に見えてます。

 

 

公開案件×プロフィールページ作り込みで最初の案件を獲得する

これを解決できる方法は1つ!

公開案件×プロフィールページの作り込み
このコンボが案件獲得に一番早い!というのが僕の結論です。

 

では説明していきましょう。

「公開案件」とは、企業やお店が【依頼内容・予算・募集期限】などを決めて、募集している案件です。

わかりやすく例えると、掲示板に「今こんな仕事の募集をしていますよー」と貼り出してあるイメージです。

最初の段階での仕事受注はこれしかないです。

 

案件の依頼内容の他に、
【予算・提案数・募集期限】も確認することができます。

調べた結果、公開案件であれば、例えば先ほどの【ロゴ作成・デザイン】の場合で、募集している人数は10〜20人です。

 

しかも、コンペではないので実際に制作物を作る必要はないのがポイントです!
いちいち提案でデザインをしていたら、時間はかかるし落選したらお金は貰えないしで、超非効率だし、せっかく作ったデザインが可哀想です。。。

 

では、この公開案件獲得のポイントはこうです。

公開案件に募集すると、デザイナーの一覧が掲載されるわけですが、

依頼者は、このデザイナーはどんな人なんだろう?となるわけです。
そして、デザイナーアイコンをクリックする。

すると、そのリンク先がプロフィールページなんです!
ココが攻略の超重要ポイントです!

ココナラでの通常の出品依頼ページだと、カテゴリーページ自体にリンクされるので、クリエイター達は自分の得意なカテゴリーページをしっかりと作り込んでいます。
しかし、出品ページからプロフィールページへのリンク確率は低いため、プロフィールページが疎かになっているクリエイターが多いということです。

 

つまり公開案件の場合、プロフィールページを見て、依頼主は依頼先を決める確率が高いということです。
ココを本気で作り込む。

 

公開案件×プロフィールページの作り込み

 

これが超重要だと判断しました。
ですから、弊社の場合もこの方法で最初はスタートして行こうと思っています。

 

 

挑戦する第一歩は大変ですが、ココナラ攻略を目指しましょう!

いかがでしたか?

 

現役のデザイン会社が本気でココナラ攻略を考えた方法です。

この公開案件で、まずは実績を作りまくる!
そして、実績ができたら次のステップへと進んで行く。

プロフィールページの作り込みが超重要です。

 

ポートフォリオも大切になるでしょう。
ポートフォリオに掲載する作品がない場合は、架空でも良いのでイケてるデザイン作品を制作する必要があります。

 

下準備にかなりの労力がかかります。

会社員デザイナーや、学生デザイナーは、帰宅後のプライベートタイムや休日を削っての作業になるでしょう。
正直キツいと思います。。

 

僕も仕事時間を削って、ココナラへの出品準備を進めています。
仕事が受注できるかもわからない中で手探りでやっています。

ただ、今回紹介した[公開案件×プロフィールページの作り込み]の方法を実践すれば、必ず成功すると信じています。

 

ココナラ登録がまだというデザイナーは、
この機会にコチラから登録してみてください。

 

皆さんも一緒に頑張りましょう!

 

スポンサーリンク

-デザインで稼ぐ方法
-, , , , , , , , , ,

Copyright© とらまるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.