未分類

お金SNS投げ銭アプリpringで稼ぐ!

ピケちゃん
ピケちゃん
簡単にお小遣い稼ぎができるアプリがあるって聞いたんですけど教えてもらっていいですか?

 

記事の目次

  • 今はSNSで稼げる時代なんです。
  • デメリットはユーザー数が圧倒的に少ない。
  • ユーザーが少ない今がチャンス!!今すぐ始めよう!

 

記事の執筆者

お金SNSアプリpringの大ファン。実際にpring内でチームも2つ運営中!1投稿に対して100円程度なら比較的投げ銭されることを実感しています。時代が投げ銭を後押ししているのでpringに期待!

 

皆さん、お小遣い足りていますか??

足りてるわけないですね。

月末になってお金が足りなくて、数千円でもいいから欲しい!っていう人多いんじゃないかな!?

 

「副業で稼ごう!」なんて最近よく言われていますが、、、何で稼げば良いかわからないし、そもそも副業ってザックリ言われてもピンとこないなんて人が大半ですよね!?

例えば、「内職」。工場などの部品を空き時間で組み立てたりして時給300円程度でしょうか?同じ内職をやり続けてスキルアップすれば、スピードアップ!!で時給600円程度にはなる!その代わり、決まった期日までに仕上げないといけないというスケジュールに追われることになります。。

そんな時間に追われがら、やりたくもない部品を組み立てる仕事やめましょう。

 

どうせなら自分の好きなことを発信して、みんなに共感してもらって、さらにギフティング(投げ銭)をもらっちゃいましょう。

 

 

今はSNSで稼げる時代なんです。

「SNSで稼ぐ」なんて超難しそう・・・・

確かに難しいものも多いし、アフェリエイトだったりの仕組みを理解するのも大変だったりします。

 

そんな小難しいものではないものがコチラ!

ドドン!

題してお金SNS「pring」(プリン)というアプリ。

https://www.pring.jp

ちょーー優れものアプリなんです。

 

ではここからは、Q&A形式を交えてpringチームを紹介

ピケちゃん
ピケちゃん
Pring(プリン)ってどんなアプリなの?
メインは送金アプリだニャ。自分の銀行口座にお金を戻したり、友達・親などにお金が送れるってことニャ。アプリへの入金は自分の銀行口座、もしくはセブンイレブンのATMから可能だニャ。
とらまる
とらまる

pringアプリのメイン機能は送金です。個人向けだったり、企業向けだったりといろいろな会社との提携もしています。「お金の通りの摩擦をなくす」というのがpringという会社の理念的なことのようです。使い方として例えば、個人使いとしてはメイン銀行口座のほかにネット銀行(楽天銀行、イオン銀行など)をサブ口座として使っている人はATMまで足を運ばなくてもアプリ一つで口座間の資金移動ができるのでとても便利です。

 

 

ピケちゃん
ピケちゃん
じゃあ、実際に支払いで使えたりもするわけ?
コンビニならファミリーマート、ローソンでは使えるニャ。まだまだ使える場所は少ないけど、徐々に増えて行くとは思うニャ。
とらまる
とらまる

決済機能もついているのがpringアプリです。まだ決済店舗を開拓している段階です。決済でのメイン使いとしては、ファミマ、ローソンだと思います。ただ、JCBが提供している決済スキームSmart Code加盟店でもpring決済が可能なので、徐々に使える場所も広がって行くでしょう。

 

 

ピケちゃん
ピケちゃん
なんか銀行口座登録とか怖い気がするけど?
Pringの株主には、みずほ銀行、ファミマグループ、SBIなどもいるから怪しい企業ではないニャ。しかも資金移動業という資格も取得しているニャ。これは為替取引ができる資格だニャン。簡単にいうとお金を移動させる資格だニャ。
とらまる
とらまる

pringの親会社はメタップスという上場している企業です。古くから手広く決済事業をしている会社でもあり、決済に関しては日本では指折りの会社です。取得の難易度がとても高いと言われている資金移動業という国の資格も取得しています。

 

 

ピケちゃん
ピケちゃん
で、肝心の稼げるっていうのはどんな感じでやるの???
そんなpringアプリ内には、「pringチーム」というSNS機能があって、ここで自分の日記的なものを発信できるニャ。ザクっと言うとミニブログみたいな感じだニャ。youtubeなどの動画も連動できるから発信者によって使い方は色々なので、ぜひ先輩方のものを参考にすることをオススメするニャン。
とらまる
とらまる

送金アプリ内にpringチームという機能がついているので、そちらで自分のチームを立ち上げます。そこに共感してくれる人がいれば加入してくれてチームの人数が増えて行くイメージです。投稿に共感してくれた人が投げ銭をしてくれます。

 

 

ピケちゃん
ピケちゃん
なるほどなるほど。ミニブログね。これを日記みたいに書けばいいわけね!そしたら、投げ銭をみんながしてくれるの?
早い話がそんな感じだニャン。「いいね!」の代わりに実際のお金をもらえる感じだニャ。
とらまる
とらまる

「いいね!」をもらう他のSNSとは違って内容がとても重要です。仕組み自体は確かに簡単で、投稿したものに対して共感してもらって投げ銭をしてもらう!これに尽きるんですが、その共感をしてもらう記事をちょっと頭を使って投稿できるかどうかが重要です。読者はお金を投げ銭するわけなので、ある程度シビアな目線になっています。

 

 

ピケちゃん
ピケちゃん
実際稼げてる人っているの?
Pringチームっていうぐらいだから、実際にはJリーグのサッカーチームやバスケットボールチーム、ももクロなどのアイドルチームも参加し始めていて、1投稿で数万円規模の投げ銭をもらっている事例もあるニャン。個人の日記の延長でも1記事につき数百円くらいは、投げ銭してもらっている人も多数いるニャン。
とらまる
とらまる

個人ですごく稼いでいる人は、まだあまり見かけません。プロのアーティストや企業などの元々のファンがついているチームの方が参加人数も多いですし、投げ銭も集まりやすいようです。クラウドファンディングのようにリターンを用意するなど工夫をすることによって、魅力的なコンテンツを作れればファンは増えるでしょう。投げ銭をもらうという、比較的新しい概念なので、試行錯誤して良いチームを作りましょう!

 

 

ピケちゃん
ピケちゃん
数百円って・・・少ない気がするけど。
笑 数百円ならかなり良い方で、価値を感じてもらえない記事には1円も投げ銭されないニャ。ある意味始めるのは簡単だけど、投げ銭をもらうのはそんな簡単じゃないニャ。
とらまる
とらまる

このpringチームというSNS自体がスタートして1年程度しか歴史がないので、今後どの程度のユーザー数になって行くのかで夢は広がるって感じです。今のうちにスタートをしておくのも面白いと思います。

 

 

デメリットはユーザー数が圧倒的に少ない

なんといってもユーザーの少なさでしょう。これに尽きますね。

 

現在のユーザー数(2020年8月)、発表されていませんが肌感ではおそらく10,000人はいないでしょう。

アクティブユーザーは1000人いるのかいないのか??そんな感じがします。

これはpringチーム全体であってpringチームでまともに投稿できているチームは100あるかないか!?

 

SNSとしては致命的すぎます。

せっかく発信しているのに誰にも届いていない。。。

 

ユーザーが増えないことには、投げ銭も増えませんからね。

仮に1000万人ユーザーがいる場所で投稿すれば1投稿に10,000円とか簡単に投げ銭されるでしょう!

1000人ユーザーでは・・・無理ですね。

これは、SNSプラットフォーマーの宿命で「ニワトリが先か、卵が先か」の話ですね。

 

 

ユーザーが数ない今がチャンス!!今すぐ始めよう!

とは言え、ユーザーが少ない今の内に記事を量産して、ファンを少しづつでも増やして行くのもとっても楽しいので、ぜひトライしましょう!

 

実際に、僕もpringチームを運営していますが、

「いいね!」じゃなくてお金を投げ銭してもらう感覚は今までにない不思議な喜びがあります。

簡単な記事であれば1記事書くのに5分もあればできちゃうような感じです。

 

そこにお金がついてくる!最高じゃないですか。

新時代の到来です。もっと個人が活躍できる時代になります。

学生だって、主婦だって、普通の会社員だって、誰だって何者にもなれます!

その練習場所としてpringチームは最適です。

 

趣味のことでいいんです。

読書や映画が好きならレビュー記事を!
食べるのが好きなら食レポをでもいいし、
ママさんなら子育て術でもいいし、
何だって大丈夫です!一人でも共感しれくれる人がいればいいんです。

 

さあ、pringをダウンロードして

https://www.pring.jp/pring/

最初の1投稿をしてみましょう!!

 

-未分類

Copyright© お金稼ぎのアイディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.