投資で稼ぐ方法

小学生でもわかるビットコイン!

今さらビットコインのことを聞くに聞けないけど知りたい!そんなあなたに、超簡単に説明します!

お金を稼ぐ

アシスタント
アシスタント
ビットコインって世間で言われているアレ。いろんなサイトを見ても難しくてよくわからない。。。小学生でもわかるくらいに解説してほしいんですけど?

 

記事の目次

  • ビットコインって知ってますか?
  • ビットコインって何?
  • 日本円とビットコインの違いは??
  • ビットコインは誰が発行しているの??
  • ビットコインって怪しいの??
  • ビットコインは世界基軸通貨になり得る??

 

記事の執筆者

株式投資、仮想通貨を軸に投資歴20年!チャート分析と誰にでもできる基本トレードを信念に負けにくいFXを実践中。

 

 

ビットコインって知ってますか?

2年前くらいに世間的には一気に認知度が広まった仮想通貨です。

仮想通貨っていうのがすでにわかりにくいので、未来のお金ってことにしましょう。

1ビットコイン10万円程度だったものが、わずか1年で200万円にもなってしまったんです。

ビットコインを持っていた人が毎日笑顔になり、ビットコイン長者なる「億り人」と呼ばれる人たちが多数出てきました。

 

おそらく歴史の教科書に将来こんな感じで掲載されるでしょう↓

Q.ビットコインで大金を得た人を「○○人」という。

○○に入る言葉を答えよ!

A.億り人

 

 

 

まーそんなことはさておいて、本題へ!

 

ビットコインって何??

アシスタント
アシスタント
ビットコインを教えて!とらまる先生
はいはい、では簡単にビットコインを説明しようかニャ。
とらまる
とらまる
ビットコインというのは、ナカモト・サトシという匿名の人がインターネット上に発表した論文をものを元に、世界のエンジニア達が作り出した「未来のお金」だニャ。なので、ビットコインというコインは実際には、物理的に存在しているものではなく、あくまでもインターネット上にだけ存在する電子的なものなのだニャ。ビットコインの思想は面白くて、現在のお金というものが正しいとは限らないと思う人たちが理想を求めて作った未来のお金ニャ。
とらまる
とらまる

 

そう、ビットコインは2008年の論文で始まったインターネットというテクノロジーによって生み出された「未来のお金」なのです。つまり現在から10年以上も前にプロジェクトが始まった壮大な物語なのです。2010年にピザをビットコインで購入したのが初めて使われた時です。つまりお金となった瞬間です。

1ビットコインが4円程度だったらしいので、現在1,000,000円くらいだとすると、その価値がとてつもなく増えていることがわかります。
価値=信用 とするのであれば、ビットコインも10年以上をかけて世の中の信用を得てきているのがわかります。

 

 

日本円とビットコインの違いは??

アシスタント
アシスタント
日本円や米ドル、ユーロなどの通貨があれば良い気がするけど、それじゃダメなの?
ちょー簡単に言うと、今のお金は好きなだけ印刷して増やすことができちゃうニャ。つまり世界のお金って言うのは、どんどん増えていってるニャ。お金が増えまくった世界の果てはどうなるか??これは、パンドラの箱なんだニャ。ビットコインは逆の発想なんだニャ。
とらまる
とらまる

 

ビットコインはあらかじめ総量が決められているんです。2100万ビットコイン以上は増えない。すでに現在で80%以上のコインが発行されています。全てのコインが発行されるのは100年以上先の話とのこと。

限りある資源には価値がつきやすいことをビットコインの設計に組み込んでいるのが素晴らしいですね。金であったり、石油であったりと、資源が有限であることが価値を担保している。その変に落ちている石は誰もいらないのと同じなんです。

 

 

ビットコインは誰が発行しているの??

アシスタント
アシスタント
そもそも誰がビットコインを発行しているの?
ビットコインはコンピューターを使ってマイニングという作業をして増えていくニャ。この作業を世界中の企業や個人がやっているわけ。作業には高性能のコンピューターが必要なので、お金がある人が有利という難点が問題なんだニャ。わかりやすくいうと、鉱山でツルハシで穴を掘って金などを見つける作業と同じ。それをコンピューターを使ってやっているということだニャ。もちろん、そんな穴掘りタダでやるほどみんな暇じゃないので、最初に発掘できた人にビットコインの報酬が与えられる。そんなイメージニャン。
とらまる
とらまる

現在のお金というのは通常は各国のセントラルバンクと呼ばれる中央銀行が発行してる(日本でいうと日銀)。通貨を発行する「通貨発行権」というのが国の権限。つまり国が管理しているというのが一般的な通貨なんです。そして通貨を国が管理しているから、銀行や企業、個人にうまいことお金を行き渡らせて、経済をコントロールしているんです。とはいえインフレ・デフレがあったり、日本でこれだけデフレが長いこと続いていたり、貧富の差が生まれたりと、問題が起きまくっているので経済をコントロールしているとは言い難いですね・・・。

 

 

ビットコインって怪しいの??

アシスタント
アシスタント
でもなんか怪しくない?ビットコインって?
怪しいというか、お金というものは使えなければ意味がないニャ。近所のコンビニやレストランで日本円が使えなかったどうニャ?そんな日本円誰もいらないニャ。どこでも使えることがお金の価値を担保しているニャ。
とらまる
とらまる
ビットコインはというと・・・どこのコンビニでも使えないニャ・・・。そう未来のお金と言っておきながら、はっきりいって現状では全くお金になり得てないニャ。お金を使えるものと定義するなら、ビットコインは使い物にならないニャ。
とらまる
とらまる
アシスタント
アシスタント
じゃあダメじゃんビットコイン。怪しいお金じゃない?
ただ、1ビットコインに100万円以上の価値がついているのも事実ニャ。ビットコインができた当初から価値は上がり続けているから、その流れは続く可能性は大いにあるニャ。数十年後には、1ビットコイン1000万円なんてこともありえる話ニャ。価値というのは多くの人間の心理だニャン。壺も価値があると思えば買う人もいるし、ガラクタと思えばいらない人もいる。今のところ、そんな感じのモノだニャ。
とらまる
とらまる

 

 

ビットコインは世界基軸通貨になり得る??

 

世界共通通貨になるかというと難しいと思います。それは現在の先進国の人々の方が多くのビットコインを入手出来てしまう以上、後進国の人々に非常に不利な通貨だからです。

ビットコインの誕生が、世界の貧富の差がもっと縮まってからであったなら、もっと世界を変えるものになっていたのでは思いますちょっと誕生が早すぎたのかな!?

 

 

スポンサーリンク

-投資で稼ぐ方法
-,

Copyright© とらまるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.